治療内容のご案内

女性の避妊

ピル

世界各国で使用されているピルは、飲み忘れが無ければほぼ100%の避妊効果が期待できます。日本でも副作用が少ない低用量ピルが承認され、1日1錠同じ時間に内服するだけです。ピル使用中は排卵が抑えられますが、避妊の必要がなくなった時は内服を中止すれば元の状態に戻ります。

ピルは副作用が心配、との声も聞かれますが、現在はホルモン量の少ない低用量ピルが用いられているので、副作用はあまり多くありません。人によっては飲み始めの頃にムカムカする、乳房が張る、出血などの症状が出現することがありますが、多くの場合徐々に消えていきます。

ピルにより月経痛が軽くなったり、月経の周期が規則的になります。また、卵巣癌や子宮体癌のリスクが減ったり、骨髄内感染症や子宮外妊娠などが減るという避妊以外の効果も報告されています。
※低用量ピルは、ホルモンの量が少ないので、ピルを飲むと太るということは殆どありませんので安心してください。

妊娠の可能性のある人、授乳中のお母さま、血栓症、心筋梗塞などにかかったことがある、乳癌・子宮癌・卵巣癌などにかかっている方やその疑いがある方などはピルを飲むことができません。また、たくさんタバコを吸う方にもお勧めできません。

ピルは医師の処方が必要ですので、直接薬局で購入することはできません。

ピルには性病の予防効果はありません。性病予防も希望される方は、コンドームとの併用をおすすめします。


IUD(子宮内避妊器具)

IUDは子宮内での精子の運動性を抑え、受精卵の着床を妨げることで避妊効果が発揮されます。外来で簡単に装着することが可能です。2年に1回の交換をおすすめします。


不妊手術

開腹手術により、卵管を結さつする方法ですが、そのために入院してお腹を切るので、単独ではおすすめできません。帝王切開を行ったときに一緒に不妊手術をするのがよろしいかと思います。


オギノ式(基礎体温法)

コンドーム、膣外射精などでは避妊に失敗することも少なくありません。女性が自分で選び、実行できる上記の避妊法をおすすめします。詳しくは来院時に御相談ください。