治療内容のご案内

3D/4D超音波検診

当院では最新鋭の4D超音波診断装置(VOLUSON)を導入しております。

4D超音波とは?

3D超音波画像に時間の要素を加えたものです。
お母さんのお腹にいる赤ちゃんの動いている様子などが実時間(リアルタイム)で、つまり生中継で見ることができます。
さらに3Dでは難しかった赤ちゃんの心臓の早い動きにも対応するようになりました。


3Dや4D超音波診断にはリスクがありますか?

いいえ、3D/4D超音波診断も超音波を利用して体内の様子を観察します。レーダーや魚群探知機の原理と同じです。プローブと呼ばれる探触子をお腹に当てて超音波を体内に送り、反射して帰ってきた微弱な超音波を捕らえて画像化します。ただし、羊水の量や週数、赤ちゃんの位置などによって画像化できないこともあります。


なぜ4D超音波の画像は金色なのですか?

画像の色彩は選択できるようになっています。金色は見た目に美しく、また立体的に描写するのに必要な影やハイライトをきれいに表示できるので使っています。
※妊婦健診の際、腹部エコーの画像をUSBメモリーに録画することができます。ご希望の方は受付に申し出てください。USBメモリーは1つ600円にておわけできます。