産科医療補償制度

産科医療補償制度

「産科医療補償制度」は、
脳性麻痺の障害を抱えた赤ちゃんとそのご家族のことを支援する新しい補償制度です。
当院は「産科医療補償制度」の加入分娩機関です。
現在分娩機関のほとんどが加入しています。


いつからスタートしますか?
2009年1月以降に生まれた赤ちゃんから対象となり、分娩機関(病院、診療所、助産所)での手続きの開始は2008年10月からです。
補償の対象は?
2009年1月1日から2014年12月31日までに出生した場合と2015年1月1日以降に出生した場合で、補償対象基準が異なります。詳しくは産科医療補償制度のサイトをご参照ください。
補償内容は?
詳しくは産科医療補償制度のサイトをご参照ください。
本制度の掛金は?
この制度は加入機関で出産されるすべての妊婦さんが対象となります。掛け金として16,000円(27年1月1日以降出産の妊婦さんは30,000円から16,000円と変更になりました)を退院時にお預かりし、当院から基金の方へお送りします。
「産科医療保証制度」の開始に伴い、出産育児一時金が30,000円増額されますので、患者様のご負担はありません。

制度の詳細
財団法人日本医療機能評価機構産科医療補償制度運営部